045-594-9366

営業時間(平日10:00~18:00)

【3分でわかる】駐車場内での事故丸わかり解説

車のスピードがあまりでない駐車場は、一見安全そうな場所だと思われがちですが、公益財団法人交通事故総合分析センターの発表によると、車両事故の約3割は駐車場でおきているそうです。弊社の事故鑑定でも、駐車場内での事故を多く扱っています。そこで今回は駐車場内の車両事故の中でも、通路進行車と駐車区画進入車の事故がどこを論点として裁判が展開していき、どのような証拠が有効的なのかの駐車区画進入車の目線での説明と、駐車場内の事故の要因、対策をご紹介いたします。
※ 今回は通路を進行する車両を通路進行車、通路から駐車区画へ進入しようとしている車両を駐車区画進入車と表記します。

1.過失割合

過失割合とは、交通事故の当事者にお互いにどれくらいの責任があるのかを数値化したものです。(ex.自分6割、相手方4割)この割合は自分が受け取る金額、支払う金額に直結する重要なものになっています。
※裁判は過去の判例をもとに進んでいくので、基本的な過失割合も過去の判例に沿って決まっています。

2.基本的な過失割合

通路進行車と駐車区画進入車の事故の基本的な過失割合は、通路進行車:駐車区画進入車=80:20となります。しかし、この基本的な過失割合は修正要素によって、変化していくことになります。

3.修正要素

基本的な過失割合からプラス・マイナスされる要素で、事故の状況や道路交通法の違反に応じて定められています。(ex.合図なしや徐行なしなど)

4.駐車区画進入車側が主張すべき修正要素

駐車区画進入車が主張すべき修正要素
①徐行なし
四輪車が直ちに停止することのできないような速度で進行している場合、通路進行車に+10になります。
②その他著しい過失
ex)脇見運転等著しい前方不注視、著しいハンドル操作・ブレーキ操作不適切、携帯電話等の使用、画像を注視しながら運転することなど。過失割合が通路進行車に+10になります。
③重過失
ex)酔払い運転、居眠り運転、無免許運転、過労、病気及び薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれがある場合など。過失割合が通路進行車に+20になります。

5.駐車場内で事故が起きる要因

駐車場内で事故が起きる要因は以下の3つが考えられます。
①環境的要因
車両の動きや歩行者の動きが不規則であったり、駐車場は駐車車両や柱などによって死角が多くなってるため、事故が起きやすくなっています。
②心理的要因
駐車スペースを探すことに集中したり、出口を探したりといった、目的にそれぞれの車両が集中してしまい、周囲の状況を把握せずに運転してしまうことがあります。
③技術的要因
狭いスペースでのバック駐車など通常の道路とは異なる複雑な運転操作をするため、事故につながっている可能性があります。

6.駐車場で事故を起こさないようにする対策

①常に徐行
駐車場内は車両の動きや歩行者の動きが不規則であるため、対応できるよう常に徐行するようにしましょう。
②安全確認の徹底
発進するときは、両隣の車との感覚を確認し、他の通行車両や歩行者がいないかを確認するようにしましょう。また、バック駐車をするときはバックモニターなどに頼りすぎず、必ず自分の目でも後方の確認をすることを徹底してください。

7.まとめ

今回紹介した様態の事故は駐車場という車を走行した場合、高確率で使う場所での事故であるため、誰にでも起こる可能性が高い事故になっています。しかし、事故を起こさないための対策は通常の道路とは変わらず、安全確認の徹底です。駐車場内は車両の動きや歩行者の動きが不規則であることが多いため、駐車場内ではより一層安全確認を意識しましょう。それでも万が一事故が起きてしまい、裁判にまで発展してしまった場合には、交通事故鑑定書を作成して提出することで、有効的な証拠を主張することができます。

交通事故でお困りの方へ
交通事故鑑定はこちら

交通事故でお悩みの方へ

交通事故鑑定人があなたのお力になります。
詳しくは下記ページを御覧ください。

ジェネクスト事故鑑定